6月定例会一般質問つづき

町内保育園での紙オムツの処理について

現在、町内保育園において子供たちが使用する紙オムツは基本持ち込み持ち帰りが原則となっている。

理由は、自宅に持ち帰り家庭で便のチェックをして健康状態を確認してもらうためとのことだが、紙オムツの性質を考えるとわざわざ使用済みオムツを開いて確認している保護者はまずいないのではないか。このルールは各家庭から持ち込まれた布オムツを使用していたときのまま変わっておらず、昨今の感染症対策などの観点から考えれば保育園で処分する方が妥当ではないか。
町内保育園の現状を聞き取ってみると、保護者側の意見は仕事帰りにお迎えをして使用済みのオムツがあることで買い物など寄り道しづらい、1日保管されたオムツを持ち帰ることが不衛生ではないか、との事でした。中には自分の子供のゴミは持ち帰るのが当たり前と言う意見もございましたが、モラルの問題とは別に衛生面を考えた場合できるだけいろんな人の手に触れず処分した方が良いのではないか。
そして、保育園側の現場とスタッフのご意見を伺うと、使用済みの紙オムツは各人の名前を明記しバケツなどに1日保管。お迎え時に保護者に渡すという流れになるそうですが、ゴミとして処分するよりかなりの手間がかかるとのことです。お迎え時に名前を間違って渡してしまったこともあるらしく、やはり衛生面から保育園での処分が望ましいと思うが、いかがか。
①現在この件について検討されているか。
②保育園での処分になった場合処理費用はいくらになるか。
③処理費用が保護者負担になった場合いくらになるか。

【答弁】
①保護者からの要望もあり、使用済みオムツの持ち帰りについてメディアでも取り上げていることも確認している。徐々に保育施設での処分が行われるようになってきた状況は認識している。検討については始めたばかりなので課題となる点の整理のレベルである。詳細な分析、検討には至っていない状況である。
②保育園での処分になった場合処理費用は、まだ必要な設備や処理方法等を整理できていないので、当町で処理した場合の具体的な積算には至っておらず明確な答えは出せないが、あくまで参考程度にすでに実施している自治体等の予算確保の状況から1保育所あたりの処理費用として、年12〜13万円程度計上されていると受け止めている。
③処理費用は保護者負担になった場合いくらになるか。ほぼ全額保護者負担とするのか、一部公費を投入するのか、月額設定とするのか1回ごとの積算とするのか、1時保育利用時についてはどうするのか、実施方法も「持ち帰り」と「園での処分」の選択制にするのかと整理する内容が多数に及ぶため、現時点において明確に積算できない。
保育園での紙オムツの処理の実施の判断については調査や確認すべき課題が多数あり、どのような対応が望ましいのか今後これらを十分に検討の上方向性を整理させていただきたいものと考える。

【再質問】
課長はこの紙おむつの保管状況を実際に見ていますか。

【答弁】
オムツの保管場所ということでは見ていないが施設全体を見て説明は受けている。オムツの保管状況としてふた付きバケツに入れて保管していると聞いている。

【再々質問】
町内公立、私立の保育園の視察をしました。各園によって様々でした。答弁いただいたようにバケツに保管されてもいたが、置き場所がなくビニール袋にだけ入れられむき出しのまま吊り下げられていたものもあった。多少匂いもあり、やはり衛生面上どうかなと感じました。

視察だけでなく、他の保護者のご意見やスタッフ側のご意見も聞いてみました。宮代町だけでなく、他の自治体の保育園にかよっている方や都内保育園園長などです。
保護者は、園で処分してくれるのは助かるという意見、持ち帰りで何ら問題はない、今まで通りでもかまわない、その日の都合で処分してもらいたい時もある、その場合は有料でもかまわない、などご意見様々でした。
スタッフは、やはり持ち帰りは手間がかかる、他のお子さんとの渡し間違いも発生する。衛生面の問題もあると思う。体調面の確認は連絡帳で何ら問題はない。
というご意見もありましたが、長年やっているので特に手間がかかるとは思わない。というご意見も。

保護者、スタッフともにご意見がいろいろあるが、アンケートを取ってみるなどのお考えはないのか。

【答弁】
まず町側としてやることは本当に不衛生なのか、保育士の作業はどうなのか、処理費用はどうするか、民間との関係をどう整備するか、課題を整理することである。
アンケートは保護者や保育士の個人的なご要望であり、行政としては本来の課題、必要性を責任をもって分析するものである。

【再々再質問】
近隣の自治体にも確認してみたところ、
近くは越谷市が30年度公立保育園のオムツ処理予算が計上されていて、8月から実施予定で、保護者や各方面からの問い合わせも多いそうです。
合わせて春日部市、杉戸町、幸手市、白岡市にも問い合わせてみたところ、白岡市が一番反応していてやはり市民から問い合わせが来て検討中とのことでした。
白岡市はJR新白岡駅前のマンション群に若い世代が増えていることもあり、注目事項ということでしょう。宮代町も道仏地区を筆頭に若い世代が増えておりますので注目度は白岡と同じと思われます。
今回、私にこのお話をされた方も宮代町への定住を検討中ということで、定住促進の観点からもいち早く対応していただけたらと思います。

20180613124018434.jpeg
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2018/06/13 (Wed) 12:31 ] 活動報告 | TrackBack(0) | Comment(0)
     コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック:
この記事のトラックバック URL

     政策
行ってみたい町 宮代へ
東武動物公園駅西口広場を革新的に活用します。
姫宮神社周辺を整備して新しい観光スポットにします。


住みたい町 宮代へ
お年寄りが生きがいを持てる新しいシルバーワークを奨励します。
駅や学校の周辺にエコなLED 街灯を整備します。
 

夢のある町 宮代へ
英語教育を充実させ、国際交流のできる人材を排出します。
オープンガーデンを奨励して花のあふれる美しい町にします。